会社概要

当社は、1945(昭和20)年にメガネパーツメーカーとして創業。以来、ここ日本の眼鏡生産中心地である福井県・鯖江市で半世紀以上にわたって時代を呼吸する最先端の眼鏡パーツを創造し続けてきました。その創業以来貫かれてきた、妥協を許さない品質の高さと技術開発力は、世界の有力メーカーの指定工場となるなど高い評価を得てきました。なかでも、1977(昭和52)年には世界で初めて純チタンを使った眼鏡パッドアームを製品化し、その活動のステージは一挙に世界へと躍進。1994年には、21世紀のニーズに応える最先端のコンピュータ制御完全自動化ラインを始動。また、世界を見据えた戦略として、ASEAN進出の足掛かりとなるカンボジア工場の操業開始、中国の製造工場を商社に業務変更して再始動するなど、未来に向けた新しい体制が整えられています。

経営理念(社是)■社会から最も信頼される会社とする。■全従業員が一生を託せる会社にする。■最良の製品を良心的に供給する。

代表取締役 田中聖太郎

社 名 タナカフォーサイト株式会社
所在地 福井県鯖江市東鯖江4丁目4-15
創 立 1945年
設 立 1972年
合 併 2008年7月(田中製作所、タナカフォーサイト)
代表者 代表取締役 田中聖太郎
資本金 42,000,000円
売上金
タナカフォーサイト
1,108,170,317円
(2017年9月実績)
田中製作所
5,608,814,034円
(2017年9月実績)
富賽特眼鏡(北京)有限公司
4,500,000人民元
(2016年12月期決算)
Tanaka Foresight (Cambodia) Inc.
660,000 USD
(2016年決算期)
従業員 23名(海外工場200名~)
決算期 9月